京都府庁生協について

トップページ > 京都府庁生協について > 組合員カードについて

組合員証について

組合員証(カード)の切替について

● 2014年3月以前に発行された組合員証(カード ICチップが貼り付けてあるもの)は、2017年2月末で、レジでのカードによる支払いが終わりました(カードの対応機器が使えなくなるため)。 ただし、組合員証としては引き続き有効です。

● レジで、チャージ(加金)したカードによる支払いをされる方は、新しい組合員証(カード)への切替を生協総務課で行ってください。新しいカードもこれまで通り2万円までのプリペイド機能があり、チャージ(加金)はレジで行います。  >> 組合員証カードの切替

● なお、チャージ残金のある古いカードをお持ちの場合は、なるべく早くレジで返金を受けてください。

組合員証についてmember-card.png

(1)

組合員証の郵送
組合員証は、加入申込書等に記入された住所に郵送します。1~2週間かかります。その間は、出資金領収書が仮組合員証になります。

(2)

組合員証の切替
現在の組合員証(2014年4月以降に発行したもの)より以前に発行した組合員証(紙のものを含む)は、引き続き有効ですが、現在の組合員証に切替を希望される場合(上記「組合員証カードの切替について」に注意)は、「組合員証切替申請書」を生協総務課に提出してください。切替は(3)を除き無料です。

(3)

組合証の再交付(紛失又は破損した場合)
現在の組合員証(2014年4月以降に発行したもの)を紛失又は破損(プリペイド機能が不能)した場合は、「組合員証再交付申請書」を生協総務課に提出してください。この場合、カードの作成実費1,000円がかかりますのでご了承願います。
なお、紛失した組合員証が以前の組合員証(2014年3月以前に発行したもの)の場合は、上記(2)によります。

紛失又は破損したカードに加金(チャージ)しているときは、生協総務課にご連絡ください。

(4)

組合員証(カード)のプリペイド機能
現在の組合員証は、2万円までのプリペイド機能があります。購買又は食堂のレジで使用できます。下記の「プリペイド機能の利用方法」を参照してください。

プリペイド機能の利用方法

組合員証カードへの加金(チャージ)は、購買又は食堂のレジで行います。
上限は2万円です。
(1)現金をレジに渡して加金してください。
(2)購入の際に不足額が出て加金する場合
    例:1,000円の商品を購入し、加金額が700円で300円不足の場合、不足額
      もしくはそれ以上の額(2万円までの希望額)を加金します。

カードでの支払方法
(1)レジでカードをカードリーダーに置きます。
(2)加金額から引き落とします。レジ操作が終了し、ピピッと音がしてからカード
  を取ってください。※レジ操作途中でカードを取るとエラーになります。
(3)レシートに残高が印字されます。